topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW2013 ~丹沢編~ - 2013.05.12 Sun

こんばんは!
今日は暑かったですねぇ。
皆さんはどんな母の日でしたか?

私は、今日一日オットが留守だったの家の掃除に明け暮れました。笑

今年の母の日のプレゼント。
私の母には、前の買い回りで買っておいたGLOBALの包丁をちょっと前にプレゼント。
喜んでくれました。ヨカタヨカタ~。


こちらにて購入。ラッピングもしてくれましたー。

そして、義母には、とらやの羊羹。
毎年とらやを贈っているので、もはや手抜きの域…。
何か欲しいものある?と聞いても、とらやの羊羹がいいらしく…。

何か他の素敵な贈り物をしたい今日この頃。
(ちなみに父の日も母さんリクエストでとらやの羊羹を贈るという…)

でも、大好きなものなんだからいいのかな、とも思ったり。

毎年悩みます。


さて!

前置きが長くなってしまいましたが、
GWの振り返り、第2弾。

久々の山へ行ってきました。
ずっーと行きたかったのになかなか行けなかった丹沢へ!

GW後半は天気が安定してたこともあって、秦野駅のバス停はありえないくらいの行列。
幸い臨時便もあったので3本目のバスに乗ってヤビツ峠へ。
立ち席で山道揺られて30分強。ちょっと酔う…。
RIMG1222-1.jpg
ヤビツ峠から塔ノ岳を目指します。
表尾根縦走コース、歩行距離14.3キロ、歩行時間7時間の体力勝負のコースです。
(というか、このコースが一番人気らしいですが)
RIMG1224-1.jpg
さ、登るぞ!
RIMG1226-1.jpg
さすがGW。人がいっぱい!
RIMG1229-1.jpg
ニノ塔を過ぎて、
RIMG1237-2.jpg
三ノ塔からの眺め。眺望最高!
次に目指すは烏尾山荘。塔ノ岳山頂まではまだまだ…。遠いよぉぉ。
RIMG1239-1.jpg
途中、鎖場の手前で大渋滞…。
RIMG1243-1.jpg
ここを抜けるのに3、40分くらいかかりました。
RIMG1257-1.jpg
ちょっと素敵な通り道を歩いたり。
RIMG1254-1.jpg
あと少し!
RIMG1266-1.jpg
着きました、山頂。
RIMG1264-1.jpg
尊仏山荘。
山頂で、遅めのお昼。
家から持ってきたおにぎりと豚汁をいただく。
山頂の豚汁、最高!
この日、天気は良かったけど、富士山は見られず。
残念っ(+_+。)

食後のコーヒー飲んで、さて、下山。
RIMG1277-1.jpg
下山早々、鹿ちゃんに遭遇。
RIMG1279-1_20130512194117.jpg
とにかく眺めがとってもいい山でした!

そして、丹沢といえばヒル。ヤマビルです。
5月でも出没すると聞いていたので、吸血されたら最悪だーと思っていたけど、
この日は一匹も見ませんでした!
(晴れの日が続いていたのでよかった!)


なかなかの距離だったので、かなーり疲れたーー。
でも、最近少しだけ運動をしているせいか、思ったよりもへばらなかった!
最後は膝がプルプルいってましたけど。

帰りは渋沢駅近くのお風呂「湯花楽」で疲れをとって…。
すでに全身が筋肉痛でした。次の日も。その次の日も。笑

次はどこの山に登ろうか…。
今年は一つでも多くの山に登れるいいな。

お約束の山バッチもちゃんと購入!

IMG_4420-2.jpg


本日も最後までありがとうございました。
更新の励みになります。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

夏のキロク その5~富士登山・後編~ - 2011.09.07 Wed

さ、富士登山、後編です。(前編はコチラから)

夕飯をとり、オットと友人はビールも。
(350mlが735円ですよ!)

宿泊場所はぎゅうぎゅう詰めでございます。
写真がないのが残念ですが、2人で1畳くらいはあったかなぁ。
ま、仕方ないんです。
通路で寝ている方たちに比べれば、まだ寝床があるだけよしとしなければ。

しかし、ただでさえ標高が高くて空気が薄いのに、
人が多くて空気も淀んで、換気も良くない。
寝ようと思って横になるも、寝ると呼吸が浅くなって頭痛を引き起こす。

なーんか悪循環。

外の空気を吸うとスッキリ回復。(小屋内の空気が相当悪かったと思われる...)

そんな繰り返しで、
そうこうしてると、頂上でご来光を見る組が出発準備のため起きだし...。

結局、あまり眠れず。
NEC_0080.jpg
深夜組の列。微妙な写りですが...。
私たちは、ここで日の出を見てから頂上へ出発のゆっくり組です。


++++++++++++++++++++


そして朝!
心配していた天気ですが、やっぱり雲多し。
NEC_0064.jpg
でも、ちょっぴり見えた!ご来光。
雲と雲の間からほんのちょっと顔を出してくれました。
NEC_0066.jpg
と、これも束の間、お日様はまた雲の中へ消えていきました。
NEC_0059.jpg
でも!これまたとっても神秘的なシーンでした。

さ、朝食食べて出発です。
IMG_0776-1.jpg
この山小屋は7合目なので、頂上まではまだ距離があります。
頑張らねば!


あるくあるくあるく。


思い出すに、9合目くらいが一番つらかったかなぁ。
NEC_0051.jpg
見えてきた鳥居。

もちろん、お鉢巡りもしてきました。
NEC_0050.jpg
雲が厚くて景色はよくなかったけど。
NEC_0048.jpg
とりあえず三角点。
IMG_0789-1.jpg

そして、下山。
須走ルートの下りです。砂走り。
IMG_0796-1.jpg
足腰に自信があれば、迷わず須走ルートがオススメ。
(もちろんスパッツ等の装備は忘れずに)
この日は、雨で砂も湿っていたので、砂埃も立たず軽快に下りてくることができました。

超たのしー!砂走り!
でも、楽しくって走りながら(滑りながら)勢いよく下りてきたら、
頭痛を引き起こしました。注意。
水分補給も忘れずに。

帰りは運良く新松田駅までのバスに乗る事ができ、恒例の温泉へ。
本日の温泉、東海大学前駅の「秦野天然温泉 さざんか」


そして、近くの飲み屋さんで一杯。
思わず長居してしまい、終電で家路へ。笑

やっぱり次の日の筋肉痛はひどかったー(涙)。
(まだ次の日にくるからいいのかな...普段の運動不足がでます)
2階リビングの我が家をちょっと恨みました。



ふぅ。
長くなってしまいましたが、これにて夏のキロク、終了。


最後までお読みいただきありがとうございました。
ぽちっとひとつ、ヨロシクオネガイシマス。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


夏のキロク その5~富士登山・前編~ - 2011.09.07 Wed

ども。

夏のオモイデ、最後のお出かけです。
トリを飾るのは、タイトル通り「富士登山」。

ちょこちょこ山に登っているものの、富士山にはまだ登ったことのない私。
ご存知の方も多いと思いますが、一般的な富士登山のシーズンは7月~8月と限られています。

そして、よく聞く話では、
・とにかく人が多い。
・登っていてあまり楽しい山ではない。(岩と砂ばかり)
などなど。

あまり前向きな事を聞いた事がない。
でも、やっぱり雲海や富士山からのご来光は格別らしい。

日本一の山だし、いつかは登ってみたかったお山さんでした。
今回念願叶い、富士山に登ることに!


++++++++++++++++++++


8月27日(土)曇り

前日26日がありえないくらいの豪雨だった我が家の地域。
浸水被害もでたそうで、心配に思った両実家から連絡がくるほど。
(我が家はハザードマップでは一応大丈夫な場所なので特に被害はありませんでした)
なので、ちょっと天気が不安だったのだけど、
天気予報を見るに、一応富士山方面はそこまで悪天候ではなかったので、決行!



小田急線新松田駅からから御殿場線に乗り換え、御殿場駅へ。
そこからバスで富士山5合目までバス。
NEC_0098.jpg
今回の富士登山は「須走ルート」で行きます。

須走口を選んだ理由としては、

・人が比較的少なくてゆっくり登れる。
・途中まで(6合目位まで)緑が楽しめる。
・下りの砂走り!

ということでしょうか。

山小屋利用の1泊2日プランなので、1日目は比較的ゆったりです。
しかーし。
出発5合目の時点で雨...!笑
ダイジョブかぁ?

まずは5合目の山荘菊屋さんで、腹ごしらえ。[標高:1,970m]
ここから既に富士山料金。お食事も結構高い。
ここでお食事をすればトイレはタダだけど、その他の方は200円。
外の公衆トイレも200円。富士山料金発生してます。

いよいよ登山スタート。

富士登山をするにあたり、一番懸念していたのが高山病。
高山病は体質もあるようで、
どんなに大変な山に登っている友人ですら頭が痛くなったという話を聞いていたので
3000mを超える山を登るのは初めてな私はちょっと不安でした。

なので、十分に高度順応できるように上りはゆっくりゆっくり歩く。
しっかり深呼吸しながら歩きます。
NEC_0096.jpg
にしても、天気わるーい。
NEC_0093.jpg
そうこう歩いているうちに、6合目到着。
ちょっと休憩していたら、
NEC_0092.jpg
急に晴れてきて、この青空!
NEC_0088.jpg
太陽もちらり。
NEC_0084.jpg
と、これも束の間。
またあつーい雲がもくもくと。

今回の登山はこんなんの繰り返しでした。
そして、須走口7合目(2,920m)。本日宿泊の山小屋に到着です。
NEC_0082.jpg
大陽館。

富士登山を決めたのが遅く、ここしか取れず。
(友人にここ以外の山小屋にしたほうがいい、と言われていたのだけど、ここしか空いてなかった...)

不本意ではありますが、致し方なし。
NEC_0057.jpg
この山小屋にはわんちゃんがいました。ボサボサなわさお風...。

山小屋に荷物を置き、夕飯。
IMG_0759-1.jpg
豚汁とご飯はお替わり自由なのが、この大陽館のウリ。
美味しくいただきました。

ここで、既に具合が悪い人がちらほら。
ゆっくりゆっくり登ってきてよかった。とりあえず、体調に変化なし!

身支度を整え、就寝。


後編へ続く...。


夏のキロク その2~二子山~ - 2011.09.02 Fri

どうも。
またまた、山キロクでございます。


++++++++++++++++++++


2011年8月14日(日)晴れ

お盆まっただ中、そして照りつける真夏の太陽の中、行ってきました。
本日は車です。

本日のお山は、二子山。埼玉の小鹿野町にある山です。
メンバーは、私たち夫婦に友人2人を合わせ、4人。


前々日にオットが友人と飲んでいたら盛り上がっちゃって、
急遽行くことになったわけですが...。


本当は、同じく小鹿野にある両神山(日本百名山)に行く予定だったのが、
当日、思ったよりも出発が遅くなった(ありがちなパターン)のと、

友人2人から両神山は怖いぞぉという言葉を散々聞いて、
ちょっと消極的になってしまって、二子山に変更。

ちなみに、両神山は埼玉県で最も滑落が多い山らしい(八丁峠ルート)。

友人は、怖くて神に祈った(?!)という鎖場もあったりで、
そんな話を聞いてたら、ちょっと登れなくなった。笑

もちょっと鍛えてから登ろう!ということで...。


ってなわけで、
二子山登山スタート。

この時点で私たちの他に誰一人もいない。
お盆だからかしら。
NEC_0148.jpg
緑ぼうぼう&入口がわかりにくい。要注意です。
(登山道近くにバイオトイレがありました。)

なんだか登山道なのかどうかもわからないようなところを歩く。
振り返ればこんな森の中。
NEC_0145.jpg

この後の分岐がものすごくわかりにくくて、道を間違えた~。
(写真がないのが残念だけど、ボールペンくらいの細さ&薄さで”山頂コチラ”って書いてあった)

そんなプチトラブルもあったけど、なんとか股峠の分岐に到着。

二子山西岳を目指します。この辺から岩場、鎖場の連続。
NEC_0142.jpg
この写真をよーくみると、上級者コースと一般コースがあります。
もちのろんで、一般コースをチョイス。

というか、上級者コースなんて断崖絶壁でクライマー用です。
無理無理。無理デス!
futagoyama.jpg
こんな看板を見てさらにおののく。

というわけで、一般コースで西岳山頂を目指します。
NEC_0141.jpg

岩場、鎖場をがんがん歩いて、山頂到着!
※必死すぎて写真は一枚もなかった。

NEC_0138.jpg
山頂は陰となる場所がどこにもなく、暑かった...。
西岳山頂から両神山を眺め、いつか登ってやるぞと気合いを入れてみる。
山頂にも他の登山客の姿は人っ子一人みあたらず。
NEC_0140.jpg
本来ならば、ここからさらに西を目指す(上の写真右の方)予定だったけど、
断崖絶壁を渡らなければならず、
まだ命が惜しい我らは、来た道を戻る事にしました。

で、帰りはお決まりのお風呂。今回は吉田元気村にてひとっ風呂。

そして、帰りは「道の駅 ちちぶ」に寄り道。
(これが結構遠かった)
NEC_0132.jpg
秩父名物 みそポテト
NEC_0133.jpg
おろしそばをオーダー。
実はこちら、道の駅の中にある立ち食い蕎麦のお店なのだけど、
秩父そばの会のお店なので、味は絶品。(見た目はちょっと微妙ですが)


道の駅を出る頃に、ゲリラ豪雨に見舞われました。
あぁ。車でヨカッタ。

てな感じで、二子山キロク、終了。



ぽっちりと、よろしくおねがいします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村



夏のキロク その1~川苔山~ - 2011.09.01 Thu


気づけば、9月突入。
台風がくるぞーと言いつつも、東京は雨っぽい雨がまだ降っていなくて、
お洗濯ものも乾いちゃった。お日様でてたし。

雨はこれからかしら。


さてさて。

8月中は、土日のお休みとオットの夏休みを含め、存分に遊んできました。
まずは第一弾、山登り。
奥多摩にある、川苔山(川乗山)です。

かなーーーり久しぶりの山。
ちょっと不安。ちゃんと登れるか不安だったけど、行ってまいりました。


※インテリアには全くもって関係なく、夏の思い出キロクです。


++++++++++++++++++++++++

2011年8月7日(日)晴れ

本来は前日(6日)に行くつもりで5時に起きるも、
奥多摩の天気が良くなさげだったので次の日へ延期。
ちなみに、その晩は山好き友人と一緒に蔘鷄湯パーティ。(田町、鳥一代にて)

マッコリをたらふく飲んだ翌日。

まずまずの天気だったので、決行。
...奥多摩まで長かった...。
青梅線は運良く座れて、うとうとしながら奥多摩駅到着。

そこからまたバス。
1時間に1本くらいしかない(しかも乗り換え数分しかない)ので、
速攻で降りて速攻でトイレを済ませ、バスに乗り込む。
日原方面バスに揺られ、川乗橋で下車。
NEC_0175.jpg
準備運動を済ませ、いざ出発。
NEC_0171.jpg
なかなかいい天気。緑がまぶしいぜっ。
NEC_0172.jpg
とことこ歩き、
NEC_0169.jpg
最初の分岐。
そして、奥多摩駅でトイレに行けなかった(と思われる)方々のトイレ行列。

8月の一番暑い時期だと言うのに、沢が所々流れていて、涼しいこと!
空気がひんやりでとても歩きやすかったなぁ↓
NEC_0167.jpg
と、歩いているうちに、百尋ノ滝に到着。水量もまずまずあって、迫力ある滝でした。
これがまた涼しい。ちょっと寒いくらいでした。
NEC_0165.jpg
百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)。紅葉の季節もなかなからしい。
そんなこんなで頂上。
NEC_0162.jpg
ここでお昼をいただきました。
NEC_0161.jpg
頂上の眺め。ちょっと雲が多くてよく見えず。
お昼ご飯終盤、ゴロゴロと音が聞こえ始めます。
(いやな予感...)

奥多摩駅に出たかった私たち夫婦は、本仁田山経由で歩く。
ゴロゴロゴロゴロ。
歩く歩く。
ゴロゴロゴロゴロ。
歩く歩く。

前日飲んだ際に、
友人が、奥多摩駅へ出るルートがいいよ♪と言われたので
頑張って歩くも、
その友人は槍ヶ岳にも登ってる強者だったことに気づく。

あぁ。
時すでに遅し。
山の雷は怖いっ。

とここで、英断。
奥多摩駅へ出ることを諦め、鳩ノ巣駅を目指すことに。

※黙々と歩いていたため、写真は一枚もない。笑!


無事、下山。
NEC_0158.jpg
ちなみに、ここはゴールでもなんでもなく、
ここから駅まで結構歩いた。アスファルトが見えて嬉しくなって思わず一枚。

雨が降っているわけでもないのだけど、あの不気味なゴロゴロは勘弁です。

帰りは、奥多摩駅まで一旦戻って、恒例「もえぎの湯」でひとっ風呂。

やっぱり登山の後の温泉は最高。
普通のルートであれば、12キロくらいだろうけど、
色々とあったので、15キロは歩いてるに違いない。

久々の登山だったので疲れたー。でも楽しかった!
やっぱり山はいい!


という訳で、川苔山の山キロク、終了。



ポチッとおひとつ、オネガイシマス。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

にゃおん

Author:にゃおん
30代に突入した夫婦の
建築日記ブログです。
→2010年12月にお家完成。
気ままに日常を綴ってます。
→2014年1月現在、第1子妊娠中。
今春、出産予定です。
→2014年4月12日、
無事、男の子を出産しました!

カウンター

現在の閲覧者

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

カテゴリ

はじめに (5)
ごあいさつ (3)
いえづくり (133)
土地のこと (5)
メーカー選び (22)
間取り (3)
打ち合わせ (8)
設備とか (9)
施主支給とか (9)
現場のようす (29)
家のこと (16)
外構のこと (5)
家具のこと (11)
Web内覧会 (14)
買いたいもの (2)
おうちのなか (39)
いちねんめ (18)
にねんめ (12)
さんねんめ (8)
お買いもの (64)
*北欧モノ・食器とか* (15)
*楽天* (14)
*無印良品* (6)
*IKEA* (3)
*食べもの* (1)
日々のこと (55)
おでかけ (33)
旅行 (35)
山 (5)
お勉強 (3)
その他いろいろ (7)
モニター (1)
こどものこと (20)

最新記事

最新コメント

楽天

ブロともになろう

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。